八木航が女子小学生に強制性交の疑い

八木航

■ 教諭が女子小学生に強制性交の疑い

小学生の女子児童に対する強制性交の疑いで、千葉南署は2018年8月1日、千葉市立小学校教諭、八木航容疑者(34)=同市中央区新田町=を逮捕した。認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は7月17日、県内で女児が13歳未満と知りながら、わいせつな行為をした疑い。

同署によると、同日夜に女児から被害の報告を受けた母親が同署に相談して発覚。女児にけがはなかった。同署は「被害者の特定につながる恐れがある」として、児童の年齢や学年は明らかにしていない。

千葉市立誉田小学校

■ 教諭が女子小学生に強制性交の疑い

八木容疑者は7月17日の朝礼後、1時間目の授業前に、女子児童を校内の人目に付かない場所に連れていき、犯行に及んだ。児童から話を聞いた保護者が警察に相談して事件が発覚した。

“強制性交”は刑法で<暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交をした者>と定義され、被害者が13歳未満の場合、暴行や脅迫がなくとも罪が成立する。

関係者らによると、八木容疑者は千葉大学教育学部卒。5年ほど前から同校に赴任。学習の指導は熱心で、3年の学年主任、クラブはテニス部を担当していた。驚くことに妻子もいる。

教育実習当時の八木航

■ 八木容疑者の裏の顔

しかし、八木容疑者には別の顔があった。前出の卒業生がこう話す。

「小さい女のコが大好きで、低学年のコとよく手をつないで遊んでました。女子には優しくて人気だったけど、男子には厳しかったです。放送委員にお気に入りがいて、そのコの上履きがなくなったときは、先生が隠したんじゃないかってみんな思ってました。勉強の教え方はうまかったけど、怒ると怖い先生でした」

同校に女子児童を通わせる母親は「面倒見のいい先生だと思ってましたが……驚いています」と言葉を詰まらせた。

県警の調べに対し、八木容疑者は容疑を否認しているというが、年端もいかない教え子に、自分の獣欲のため手をかけるなど言語道断。鬼畜にも劣るロリコン教師だ。万死に値する。


教諭が女子小学生に強制性交の疑い 千葉南署 | 千葉日報オンライン
小3の教え子を校内で…千葉34歳ロリコン教師の素顔と評判|日刊ゲンダイDIGITAL
【千葉】八木航容疑者(34) 誉田小学校教諭 女子児童に強制性交等の疑いで逮捕 顔画像は?